FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

亀カメラvol,8

亀カメラvol,8「五感」

今まで何度か亀から聞いてきた「感覚を大事にする」
その時々の気持ち、感情を大事にしたいという亀ならではの文章だったように思う。
そもそも、この亀カメラも亀の感覚がフルに生かされている連載ですよね。

人一倍気遣いな亀。
気が遣えるってことは、それだけあらゆるものに敏感な証拠。
それも瞬時に感じ取るのは、まさに動物的感覚。


五感を研ぎ澄ませる。
五感を敏感に働かせる。

これって誰もが持っていると思うし、誰もが出来ることかもしれない。
だけど、勘に頼って行動することが、必ずしも正しいというわけではない。
自分自身の五感を信じ行動できるようになるのって、
それなりの経験と知識を持ち合わせてできるものだと思う。

亀は一般人男性とは違った特殊な経験をたくさん積んできた。
たっちゃんのケガの件なんか、ファンの気持ちを一番にわかっている亀ならではの判断だった。
それにしても・・・スタッフ
たっちゃんには触れないで終演するようにって、よく指示出来たよね。
誰を思っての判断なんだろう。
KAT-TUNにとっても、ファンにとっても、ましてやたっちゃん本人にとっても
いいことなんて生まれないよね。

・・・ってこんなところで、スタッフ批判をしてもどうしようもないですね(苦笑)


お得意の恋愛話(笑)

女の子の首筋の匂いが好き。

・・・なんてマニアックな(笑)
こういうのも、亀ならではの感覚なんだろうな。
恋愛って、頭では絶対に出来ない。
まさに五感がフル回転しますよね。
亀の感覚にピッタリ当てはまるような女性・・・果たしているのでしょうか!??


写真は3パターン。
昼と夜を表現しているのかな?
真ん中の写真は、色んなものを感じ取りすぎてキャパオーバーだよー!って感じかな。
シーッって人差し指を口唇に当ててる亀。
このポーズよく見るけれど、やっぱり好きだな。
ちょっといたずらっぽい目つきがセクシー。
亀の横顔ってすごく色っぽい。ホント大好きです。

そして亀が撮った一枚。

・・・なんでしょうか(笑)
不思議な照明だね。オシャレ・・・なんだよね。
これが、亀の部屋に置いてあるのかぁ。

うん。
やっぱり亀の感覚って不思議だわ。


★ランキングに参加中ポチッと投票していただけたら嬉しいです!!
 blogram投票ボタン ジャニーズブログランキング

★拍手、コメントありがとうございます!とても励みになります

theme : 亀梨和也
genre : アイドル・芸能

亀カメラvol,7

亀カメラvol,7「大人」

25歳の亀は、大人であろうか・・・それとも子供なのか。

そもそも、大人ってなんだろう。
法律的には20歳から成人とみなしているけれど
20歳を越えても、大人になりきれていない人はたくさんいると思うし
その逆で20歳にならなくても、大人っぽい人はたくさんいる。

オレは年齢や立場で人となりを判断したり、付き合い方を変えたりしないからさ。

これって、なかなか出来るようで出来ないことなのかもしれない。
亀のように出来ることは、大人ゆえの強さなんだと思った。
年齢って、結局はその人が重ねてきた年月を示すものだけであって
亀が言うように、その人に魅力があれば何歳でも惹かれると思う。


ある部分は大人、ある部分は子供でいいし、大切なのは、そのバランスなのかな。

何事にもバランスって大事だと思う。
大人と子供のバランスを上手く保てる人が、男女とも魅力的な人なんだろう。
亀はそのバランスが出来てる。
例えば、亀カメラの亀は、冷静に自分のことを見れているし、
KAT-TUNでいるときは、超ガキになることもある。

ダンスでもそう。
突然大人びた表情をするかと思えば、子供っぽい無邪気な笑顔で歌い踊る時もある。
その絶妙なバランスが亀梨和也の魅力。


この仕事って、自分の名前を利用されたり、人の嫌なところを見る機会も少なくない。
それに気づいても、今のオレは怒りがわかない。
そういう人なんだなって思って、黙って諦めるだけ。反面教師にすればいいやって。
前向きに諦められるのは、これまでの経験のおかげかも。


この文章を読んだとき、切なくなった。
亀にしかわからない、あらゆる苦しみ。
ここまでくるのに、本当に色んなことがあったんだろう。
それらを浄化する術を学んだ亀は、より一層強くなったに違いない。

スーツ姿に、銀縁メガネをかける亀。
世間一般の、大人なイメージ。
その表情はすごく柔らかく、とても社会で戦う男とは思えない。
すごく好きです・・・この亀。
メガネ&スーツフェチな私としては、鼻血もんの一枚(笑)
ずーっと眺めてても飽きないなぁ。
こんな男が同じ職場にいたら、完全目の保養だわ。
でも、カッコよすぎて、仕事に集中できないけど(笑)


そして今回の一枚。

野球大会で獲得した賞金でプレゼントした、兄弟おそろいのロレックスの腕時計とタバコの吸殻。
THE大人な一枚だよね。
亀の中での大人な男のイメージなのかな。

亀って一日にタバコどれくらい吸ってるのでしょうか。
アンチタバコな私としては、健康面とか色々とても気になるところですが。
タバコ吸っててもあんなにいい声出るんだよね。不思議だー。
きっと止めたら、もっと素敵な声が出ると思うんだけど。
あっ・・・でも止めたらきっと太るわね(笑)

でも、ひと恋で魅せたタバコを吸うシーン。
タバコ嫌いだと言ってても、私、これが一番好きなんです。

久しぶりに、タバコを吸う亀を見てみたいなぁ・・・。
今の時代、そういうシーン、イメージが云々で難しいかもしれないけど
静止画でいいから、今の亀ビジュで、タバコ亀見てみたいっ!


25歳の亀梨和也。
大人でもあり子供でもある・・・その絶妙なバランスを持ち合わせた奇跡の男。


★ランキングに参加中ポチッと投票していただけたら嬉しいです!!
 blogram投票ボタン ジャニーズブログランキング

★拍手、コメントありがとうございます!とても励みになります

theme : 亀梨和也
genre : アイドル・芸能

亀カメラvol,6

亀カメラvol,6「つくる」

料理を作る
歌詞を書く
ライブの構成を生み出す

1582の作詞をしたけれど、その事をあえて公表せず
詞の世界観、ライブで演じた時の印象を、先入観持たずに見て欲しかった。
先入観って、なかなか払拭できないもの。
亀の考えって、つくづくアイドルのプロだと思った。
そして亀は、自分の「つくりだした」作品に対して、深い愛情を持ってるんだなと感じた。

・・・多分「SWEET」も亀が作詞してるよね。


亀にとって「つくる」という作業は、自分をリセットすると同時にストレス解消でもある。

そして自分に自信を持ちたいから「つくる」。

最近よく耳にする「自信がない」発言。
自信がないからカッコつけ、カッコいい自分を演じる。
多分この心情って、「努力すること」にも通じてる。
自信がないから努力する。
だから亀は人一倍の努力やカッコつけをしているのかな。
結果、たくさんの人を惹きつけ魅了しているよね。

こういう感情、亀に限らず誰でもそうなんじゃないのかな。
例えば好きな人からよく見られたいから、可愛い自分を演じる。
仕事に自信がないから、必死になって覚える。
授業で指された時、ちゃんと答えられるように勉強する。

亀も言っていたけれど「PERFECT」な人はいないと、私も思う。
私からすると亀は、パーフェクトな男に近いけれど
そんな亀でも、自分では「自分に自信のない男」だって言ってるし
たまに見せる、亀の???な部分も、パーフェクトじゃない証。

欠けた部分があるからこそ、人なんだよね。

自分が理想している人に近づくため、自分を創りだす。
結果創造力が磨かれて、また一つ成長できる。

何かを足りないと思うのではなく、無いものは自分で工夫して創り出せる人間でありたい。

だから、亀って飽きない男なんだよね。
いつまでも、いつまでも見つめていたいって思っちゃうんだ。


シェフ亀梨、かっこええなぁ
手際よくパスタを、しかも2品も作っちゃうなんて
私が料理苦手(って言うかやらないだけ 笑)なので料理が好きな男は超理想。
やっぱり亀って私からするとパーフェクトな男なんだけど。

でも・・・話長いよね、亀って(^^;)
以前たっちゃんが言ってた「オチのない話」の件。
あれ聞いてから、歌番組で亀が話し出すと何気にヒヤヒヤしてる私(笑)

そんな亀だから、好きなんですよ♪



★ランキングに参加中ポチッと投票していただけたら嬉しいです!!
 blogram投票ボタン ジャニーズブログランキング

★拍手、コメントありがとうございます!とても励みになります

theme : 亀梨和也
genre : アイドル・芸能

亀カメラvol,5

亀カメラvol,5「秘密」

秘密めいた人って、男も女も色気がある。
その実態がつかめないからこそ、追い続けていたいし見続けていたくなる。

芸能人で私生活を話しすぎるのは、マジックの種を明かすようなもの。
ウソじゃない秘密は必要だと思う。


亀のこの考え方、すごく好きだ。
好き・・・と言うか、亀のプロ意識をすごく感じた。

私は芸能人がブログやツイッターをすることには肯定的です。
それは普段遠い世界にいる芸能人を身近に感じられるし、
リアルタイムで情報を知れるということは、
情報を共有しているという、ある種の一体感を得られるから。

でも何でも語りすぎると、その芸能人のイメージがあるじゃない。
ファンって、みんな好きなのは当然なんだけど
持ってるイメージは結構違っていると思う。
ある種のイメージが確立されていたら、それを崩さないのも芸能人のお仕事だと思うし。
まあ、一つのイメージに固執され続けるのもよくないと思いますが。

亀カメラを「自分の本音を伝える場所」という亀。
インタビューとは違う雑誌の連載は、比較的本音が垣間見えやすい。
その中でも話していいことと、話せないことの線引きを、亀はちゃんと心得ている。
それが出来るのって、大人だと思う。


芸能人って、一人の人間だけど、やっぱり私からすると非現実的。
厳しい現実を黙々と生きている中で、僅かながらでも夢を見ていたい。
そんな夢を見させてくれる、亀やKAT-TUNが好きなんだと思った。


スガさんと対談した少クラプレミアムで、
「自分のイメージが散乱している」
と、少し悩ましげに語っていた亀。

だけど亀カメラでは

表現者として、プレイヤーとして変幻自在でありたいから、「本当のオレ」なんて狭いキャラ
設定に捕らわれずに、今はもっともっと幅や可能性を広げたい。


こう語っていた。

・・・フフッ。

亀、何かを乗り越えたのかな?

たくさんの引き出しを持ってることはとても強いし、魅力的。
いつも一定のイメージがない亀。
そんな秘密めいた亀が、私は大好きです。


モノクロの写真
この写真の亀、いつも見ている亀だけど、いつもの亀じゃないような気もした。
ちょっと憂いを帯びた淋しげな表情って、何かゾクッとするし、危険な秘密を感じる。
知りたいという感情は、相手に好意を持っているからこそ。
だからもっと亀のことを知りたくなる。
でも知ったところでますますつかめなくなる・・・。
きっと、何年経っても、私は亀のこと、つかめないんだろう。

亀が撮った一枚。
「秘密」に相応しい一枚だね。
力強い東京タワーの光と対比した、静かに光を放つ月が美しかった。
人も雲も全てが見えないから美しくて心惹かれる。

そう、美しいものは簡単に手に入れたり見ることが出来ない。

だからこそ、追い求めたくなるんだよね。

★ランキングに参加中ポチッと投票していただけたら嬉しいです!!
 blogram投票ボタン ジャニーズブログランキング

★拍手、コメントありがとうございます!とても励みになります

theme : 亀梨和也
genre : アイドル・芸能

亀カメラvol,4

亀カメラvol,4「チーム」

2010年から亀ファンになった私は、昔のKAT-TUNをほとんど知らない。
お友達から昔の映像をいただいたり、昔発売したDVDを買って
今のKAT-TUNと昔のKAT-TUNを交互に楽しんでいる状態。

ある日「Real Face film」を見たとき、ある違和感を感じた。

「・・・あれ、亀・・・浮いてないか??」

決定的な何かはないけれど、メーキング中の亀の態度やインタビューの内容を見て
何となく・・・一人だけ違う方向を見ている気がした。

そんな私の感じた違和感。
今回の亀カメラで、深く語ってくれました。

「実はオレ、グループ内で浮いていたんだよね。仕事中はまとめ役でも、普段は1対5の構図」

今だからさらっと言えてしまうけれど、きっと当時は苦しかったに違いない。

ジャニーズグループは、社長の考え一つで結成されてしまう。
本人の意思とはまるで違うメンバーと、共に仕事をしていかなければならない。
・・・ある意味、会社と似ていますよね。
合うメンバー、合わないメンバーがいる中で、同じ目標に向かって走らなければならない。
会社は人事異動があるけれど、ジャニーズに人事異動はない。
これだけの個性を持ち合わせた6人が一つになるのに、計り知れない苦労や努力を重ねた。
色々活動してきて乗り越えてきたけれど、去年道が分かれてしまった。
だけどそれは、悲しい別れではなく、お互いが良い未来を歩いていくと決断した、プラスな離別。


一人孤立していたとき、亀が描いていたKAT-TUN像
もしかしたら、今ようやく近づいてきたのかな?

少クラプレミアムでも語っていた、「KAT-TUNは他のグループより進むペースが遅い」
私はペースが遅い・・・と言うより、デビューがあまりにも恵まれすぎていたように思う。
そりゃ、デビューするまでの下積み時代は長いグループだけど
ジュニア時代と、デビューしてからのプロ時代って、かかってくる責任が大分違うと思う。
デビューからあっさりと頂点に登りつめたら、後は維持するか、落ちていくしか道はない。
プロの経験がほとんどないまま、頂点に登ってしまったら、
その地位を維持するのには、並大抵の努力がないと絶対に出来ない。

どちらかと言ったら、思うように進まないことが多かったKAT-TUN。
でもそれは、彼らなら乗り越えられるだろうと、神様から与えられた試練だったのかもしれないね。
あらゆる試練を乗り越えて、ようやく今、みんなが同じ方向を目指せるようになった。


亀がKAT-TUNを大切にしている想い。
それは間違いなく他のメンバーも同じ想いでいるだろう。

仲良しこよし、ベタベタするのとは違う。

お互いがお互いを尊重でき、いいところも悪いところも全てひっくるめて認め合える。

それが、今のKAT-TUNというチーム。


亀が撮った写真は、渋谷に飾られていた巨大看板。
KAT-TUNの一員として、自信に満ちた一枚だよね。
左のページで映っている写真、青空の下柔らかだけど自信に満ちた表情の亀。

「これからもKAT-TUNでいる」

KAT-TUNの名に恥じない、亀の凛とした姿が、とても逞しくて美しかった。



------------------------------------------------------------------

亀カメラとは、違う内容ですが・・・どうしても書きたかった。
3月26~27日にかけて、聖が1人で被災地へ行き、被災者を激励し、救援物資を届けたそうです。
デイリースポーツ」に記事が載っています。
このニュースを知ったとき、ビックリしたと同時に、聖の行動がファンとしてとても誇らしかった。
間違いなく多くの被災者を勇気付けたと思う。
義捐金を寄付したりチャリティーライブや募金をしている芸能人はたくさんいる。
だけど現地へ出向いた芸能人はほとんどいない。
今日ニュースで、モノマネタレントのコロッケさんたちが現地へ行き、モノマネを披露している姿を見た。
インタビューでコロッケさんは、泣いていた。
「テレビで見るより現実はもっとひどい・・・。だから芸能人の方、ぜひ現地へ来て皆さんを励まして」
そう訴えていた。
聖も、厳しい避難生活に心を痛めていたそう。

きっと聖のことだ。この経験をメンバーに話して
KAT-TUNとして何か出来ることを、メンバーと一生懸命考えてくれるんじゃないかな。

私はただのいちKAT-TUNファンだけど、
KAT-TUNファンでいることに本当に勇気付けられたし、誇りに思った。
私もファンとして彼らの名に恥じぬよう、もっと頑張ろう。

私たちはKAT-TUNのファンで、本当に幸せだよね!!!


★ランキングに参加中ポチッと投票していただけたら嬉しいです!!
 blogram投票ボタン ジャニーズブログランキング

★拍手、コメントありがとうございます!とても励みになります

theme : 亀梨和也
genre : アイドル・芸能

亀カメラvol,3

亀カメラvol,3「生まれた場所」

「生まれた場所」=「原点」
この場所には亀梨和也の原点が溢れていた。
人は、大人になるにつれて様々なものから影響を受け、人格が形成されていく。
今の亀梨和也は、芸能界で得た色々な経験や想いで、形成されてる部分が多いかもしれない。
でも、元々はこの「生まれた場所」がないと、亀梨和也は出来上がらなかっただろう。

亀がたくさんの人に気遣いが出来たり、先輩後輩をはじめ、たくさんの人から愛されるのは
きっとご家族の影響が大きいのだろう。
たくさんの愛情をご家族から注いでもらったからこそ、
亀も、たくさんの人に愛情を与えることが出来るんだね。

決して裕福ではなかったけれど
淋しい思いをしたことは一度もない
家族にはすごく感謝してる


こんな風に言われたご両親、きっと涙が止まらないと思うな。
・・・って私は親になったことがないので、親の気持ちはよくわかりませんけど(笑)
ご両親だって、きっと亀からたくさんの幸せな気持ちをもらっているんだろうなぁ。
亀とご両親の「相思相愛」な関係が、何故だかすごく羨ましい。

芸能界と言う特殊な世界にいるからこそ
特に「原点」を意識するのだろう。
「軸」がぶれてしまったら、芸能界と言う荒波に揉まれて埋もれてしまうような気がするから。

亀にはしっかりとした「軸」がある。

だからこそ、いつまでもキラキラ輝いた「KAT-TUNの亀梨和也」でいれるのだろうなと思いました。


定点亀観測

「マキアを読んだら、みんな可愛くなるでしょ。もともとKAT-TUNのファンの子って、オシャレで美容好きな子が多いけど、ますます可愛くなるんじゃないかな(笑)」

・・・・・・・・

亀、超プレッシャー(笑)

今月から、もっともっとマキアを熟読して、
亀に会えるときまでには、もっと女を磨きたいと思います・・・。

亀・・・私頑張るからさ、

今度のコンサート、アリーナ席のチケット頂戴(笑)


続きは家族について。
気になる方のみ続きをどうぞ。


★ランキングに参加中ポチッと投票していただけたら嬉しいです!!
 blogram投票ボタン ジャニーズブログランキング

★拍手、コメントありがとうございます!とても励みになります

続きを読む

theme : 亀梨和也
genre : アイドル・芸能

亀カメラvol,2

亀カメラvol,2「美しさ」

そもそも男性で「美しさ」を語ることって・・・まさに芸能人、アイドルならではだと思う。
普通の一般男性で「美しさ」を意識している人って、そういないと思ったから。

美しさ=カッコよさ

亀はカッコよくありたいと願う気持ちとイメージを強く持っている。
そのイメージにいつもたどり着こうとしている。
でもなかなかたどり着かないから面白い。

亀が目指すカッコよさは、一体どこまでいくのだろう。

たくさんの美しい物・風景・そして人たちに囲まれて、
たくさんのことを吸収して・・・

亀なりの美しさを自然に醸し出す、素敵な男性になって欲しいと思いました。

・・・今でも十分美しいし、かっこいいと思いますけどね(笑)
現状に満足しない、貪欲な亀が私は好きです。


「美しさ」の一枚。

灰皿がリアルなんですけど(笑)
ベランダで目の前の木々を眺めながら、ボケーっとタバコをふかす亀。
・・・想像しただけで萌える
タバコは好きじゃない。
でも、タバコを吸っている仕草は好き(笑)・・・単なるミーハー。

このベランダで亀の美が整えられていく、「亀梨和也」が形成されていく。
亀にとって大事な場所。

隣の亀ショットは、少し憂いを感じるカッコつけマン亀梨和也。
こういう切なげな表情・・・かなり好き。
マキアの表紙や中身は、春爛漫で明るいけど、まだまだ季節は冬。
冬はやっぱり切なさが似合うよ。


続きは「美しくあること」について思ったことです。
気になる方のみ続きをどうぞ。


★ランキングに参加中ポチッと投票していただけたら嬉しいです!!
 blogram投票ボタン ジャニーズブログランキング

★拍手、コメントありがとうございます!とても励みになります

続きを読む

theme : 亀梨和也
genre : アイドル・芸能

亀カメラvol,1

MAQUIA新連載 亀カメラvol,1「未来」

カメラの新連載なのに、出だしから
「カメラは好きだけど嫌い」
と、語る亀。

ただでさえ敏感で人並み以上に色々な物事を感じ取ってしまう。

亀が多くの人々から支持されているのに挙げられるのが「礼儀正しさ」や「人柄のよさ」
いわゆる「いい人」「評判のいい人」って、根本的な性格もあると思いますが、
きっとそれ以上に、相手の気持ちを読んだり、周りの空気を読んだり
ありとあらゆる部分で気を使っている証拠。

亀はまさしくそのような人。

だから、人並み以上に敏感で感じやすいんだと思う。
そのような人って、心のバランスをうまくとらないと、壊れていってしまうよね。
亀が「浄化する術も必要なんだ」と語ってくれたことに、安心した。


「未来はわからないけれども、どこで何をしていても生きていける自分でいたい」

「運命はきっとあるはずだから、どんな運命でも逃げずに受け容れて超えて行けたらいいな」


全体的に切なさと憂いさを感じてしまった、第1回目の亀カメラ。
その思いを一層掻き立てたのが、亀の撮った写真。

沖縄のきれいな浜辺に流木を突き刺し、海面に太陽の光がキレイに照らされている1枚。

私には、突き刺された流木がまるで亀自身のように思えた。
あえて逆光で撮ったその写真は、亀の光と影を感じた。
流木が見つめるその先に見えるのは、とても穏やかな海と、光り輝く太陽。


亀の見つめる未来が、光り輝くものであることを、私はずっと願ってる。


写真や絵画、・・・芸術って、人それぞれ感じ方がまるで違う。
でも違っていいのが芸術だと思うし、
肯定や否定を、たくさんの人がすることによって作品が生きるのだと思う。
私はカメラのプロでも何でもないので、亀の写真がいいのか悪いのか分からないけれど
今後も、「亀カメラ」に関して自分の感じた素直な感情を
こうしてブログに綴れたらいいなと思いました。


続きはもう少し亀カメラのことを書いています。
気になる方は続きをどうぞ。


★ランキングに参加中ポチッと投票していただけたら嬉しいです!!
 blogram投票ボタン

★拍手、コメントありがとうございます!とても励みになります

続きを読む

theme : 亀梨和也
genre : アイドル・芸能

最新コメント

リンク

ブログランキング

ポチッと一押しお願いします♪
ジャニーズブログランキング

グーバーウォーク

blogram参加中

投票お願いします!
blogram投票ボタン

メールフォーム

アミにメールをしたい方はお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR